島根良いトコ旨しトコ
2020年06月


ことしも梅雨前線やってきて広島も梅雨だと宣言された今日この頃。
例年ならここぞとばかりに北を目指し旅立つのですが、中国発の疫病拡大予防措置で気儘な野良寝旅も儘ならずストレス一杯です。
そんななか、梅雨の中休みか三日間もの快晴続きそう。
折しも東京・北海道など五都道府県を除く府県間の移動解禁となり自粛生活一段落、そぞろ近隣県の公式サイトを探ってみれば鳥取はいまだ鎖国状態。山口はお役所言葉の羅列で何とも意味不明なんですね・・・
島根だけは全国で緊急事態宣言が解除され五都道府県以外への移動自粛が解かれたことを明示。更には広島など近県居住者への施設開放にも触れるなど、そこはかとない秋波。

コレは困っておるなと薄い財布を携え野良寝車に乗り込みました。

尾道松江道、PA代わりの「道の駅たかの」でひと休み。


宍道JCTで山陰道へ、松江JCTで松江だんだん道路に移り中海の北岸に出て右手に大根島を眺めながらしばしの湖岸ドライブ。

やってきました美保関「民宿まつや」。平日なのにこの人出。
ここはね、通るたびに行列が出来ていて、およそ辛抱の出来んイラチ者は「そんなにしてまで喰いたいかねぇ〜」と言いつつ気にはなっていたお店。


先日友人が自慢話をFBに上げたのに刺激され、並んでみることにしました。
念のため電話して今日は活イカ入荷と確認済み。ヽ(^o^)丿

お土産用を眺めたりして待ちます。


「特注!イカ刺定食」と「まつや定食」。カミさんのお盆大きいナァ〜

さながら海辺の鄙の宴会料理。賑やかなコトこの上ない。ヽ(^o^)丿
どうにもこうにも量が多すぎて炊き込みご飯と煮魚は喰いきれず、しっぽを巻いてひき上げます。

店の表は境水道。向こう岸は鳥取県境港市。
境水道大橋を渡ればチョイチョイ行ってる台場公園脇の「峰」や境港おさかなセンター等々ありますが、公的なサイトを眺める限りには未だ鎖国状態なようです。


腹ごなしに歩こうと美保関灯台までやってきました。


立派な石造り。明治31年の建設で最古(山陰?石造り??)の灯台とのこと。
宿舎棟はカフェになっているのですが、今日はお休みでした。


ここらで今夜の野良寝を見繕いましょう。
チョイ西、島根半島最北端多古鼻の「マリンパーク多古鼻」安心の海抜100mに電話してみると、キャンプ場は再開しているモノの、肝心要の展望浴場を感染予防のため閉鎖しているとのこと。
ココの魅力は浴場からの夕日や漁火に尽きるので、今日のところはパスします。

最寄りの程よい温泉&キャンプ場は大山界隈でして大山は伯耆の国ゆえ鎖国中。
アレコレ相談のうちに通いなれた三瓶で総員一致。
「三瓶山北の原キャンプ場」に電話するとのっけから「お住まいは?」。「広島!」と返せば「お待ちしています」ですと。(^^ゞ
来た道を引き返し、松江だんだん道路から山陰道に入り走ること一時間半。
三瓶高原に入り「国民宿舎さんべ荘」に立ち寄ります。

源泉かけ流しの浴槽は灼熱の日差しにピッタリで余りの気持ちよさにウトウト♪


その後もあっちの釜、こっちの釜、加熱浴槽と浸かってあるき極楽極楽。ヽ(^o^)丿


三瓶山北の原キャンプ場にチェックイン。
広大なキャンプ場ですが、電源付きのCサイトは7か所なので電源が要る場合は予約必須です。

お気に入りのC3で設営しました。C3〜7ならどこもフラットです。
設営の間もアカゲラがカラカラカラカラカラカラ・・・と歓迎のドラミング。
ヤマガラやキビタキは囀り、ウグイスにカッコウ、ホトトギスも啼いていて楽しさこの上ない。ヽ(^o^)丿

カミさん拾い集めた松ぼっくりが写っていますね。貪欲なカミさんはまた拾いに行ってマス。
小走りに戻ってきて、アカゲラが向こうの木をチョンチョンチョンって登ってったんで写真撮れと言いますが、そんな都合よくは写せませんよねぇ〜


日が暮れてフクロウさんがホッ〜ホ〜ホッ〜ホ〜
拾い集めた松ぼっくりガンガン燃やし、カミさんご機嫌です♪
ジイは愛飲の余市蒸留所限定「余市シングルモルト」をチビチビ、良い夜でした。


写真をクリックすると動画に飛びます。

IEやスマホだと良いのですが、EdgeやChromeだと小さな画像になるようです。m(__)m


ぐっすり寝て朝の三瓶北の原


目覚めの珈琲を淹れます。勿論朝からウヰスキーは飲みません。


珈琲の香りを嗅ぎつけたカミさんが起きて来たので、わが家定番のホットサンドを焼きます。
今日はハムにチーズとマヨネーズ&ほりにしでスパイシーな大人の味♪
ちなみに一旦旅に出ると珈琲は勿論、調理から皿洗いまでワタシのおシゴトです。カミさんのおシゴトは喰うことと洗濯と気まぐれな指図のみ。(^^ゞ

この気紛れに東奔西走させられとりマス。(^_-)-☆
日差しが強くなってきたので撤収。管理棟に鍵とファイルを返しゴミを分別して退出。


やって来たのはキャンプ場の真向かい三瓶自然館サヒメルの裏の駐車場。
男三瓶の伏流水湧き出す「姫逃池」(ヒメトガイケ)を散策します。


「姫逃池」はカキツバタの群生地。
カキツバタが良い時期な積もりで来ましたが、あに図らんや睡蓮が花盛り♪
これがまた見事な彩りです。


見上げればモリアオガエルの卵塊。準絶滅危惧種です。


ココにもモリアオガエルの卵塊


白いカキツバタにもモリアオガエルの大きな卵塊が・・・♪


野アザミとウラギンヒョウモン。美味しい蜜をご褒美にしっかり受粉を助けます。


清々しい朝の姫逃池。


枝先にぶら下がるのは袋掛けされた果物ではありません。全部モリアオガエルの卵塊なんですよ。

姫逃池を離れ三瓶高原道路をユラユラと西回り。


三瓶高原道路脇に大きなコブがある木。なんかひょうきんですね。


脱”柵”だそうです♪


男三瓶バックに「定めの松」とのツーショット。直径3m近い古木です。


バイクのカップルが来て何枚もパチパチ


二人が軽やかなエンジン音と共に去ると誰もいなくなって鳥のさえずりのみが響きます。


志学薬師「鶴の湯」。
表に左官屋さんのフネ(ネタを混ぜるバット)使った簡易足湯が出来ていました。


内湯の様子


「亀の湯」も覗きます。


ゲロゲロのゲロ渋共同湯です♪


三瓶にはまだまだ見どころ満載。
島根においでの折は「三瓶小豆原埋没林公園」をお見逃しなく!
縄文時代の地表に降り立ち、火砕流に封印されていた縄文の巨杉を見上げれば身震いすること請負です。

 (写真は三瓶小豆原埋没林公園公式サイトから拝借しました。)

満足したので三瓶を離れ帰途につきます。
54号線に出て赤名峠を越えると蕎麦屋「くれ竹」。
毎度箸をつけてからでスミマセン。もうアタマひとつ喰ってマスが、コレ並盛ですよ。(^^ゞ


貴重な梅雨の晴れ間、軽く遊んでリフレッシュしました。
一泊二日の駆け足でしたが旨いモンてんこ盛りの島根県。島根良いトコ旨しトコ。ヽ(^o^)丿



TEL/082-876-0010 FAX/082-573-8108 ・お問い合わせ