津軽海峡夏景色 〜 煉瓦は江別 〜 
美幌白樺ブルワリー 〜 白蛇姫まつり
 〜
天に続く道 〜 北の屋台は十勝三昧 〜
十勝ロケット 〜 
白老ポロトコタン 〜
水無海浜温泉 〜 ベイエリアの朝 
2019年6月〜7月

知床三日目の朝


知床峠に上ってみると濃霧。ここは東が吹くとガスに包まれることが多いですね。

さて、今日はどこ行きましょう。羅臼に降りてクジラを見るか。さくらの滝でサクラマスのジャンプを眺めるか・・・
相談の結果、清里経由で釧路湿原に向かうことにしました。

チョイと下ると羅臼岳がクッキリ。


空が真っ青だったので、またまた「天に続く道」にきました。


同年輩のご夫婦がやって来てはしゃいでいますよ♪


車から撮ってたらお立ち台に来られたんで一緒にパチリ。


ズームでもう一枚。


天に続く道を離れ、南へ。先ずは焼酎を買いましょう。
訪ねる「清里焼酎醸造所」はじゃがいも焼酎のパイオニア。

何故かじゃが芋畑と樽祭のシンボルしか撮ってませんでした。(^^ゞ

この時期清里の名物はサクラマスのジャンプ♪
久々の「さくらの滝」。とても有名になっていて凄い見物人の数。
コレだけ人がいるとクマも近寄らんかな♪

ズームでも一枚


続いて清里町緑駅近隣の「RVパーク」を覗きますがお留守でした。
再びトコトコ南下を始めます。
このまま神の子池に寄り裏摩周展望台から養老牛温泉なんてルートも考えましたが、川湯の「摩周そば道楽」で蕎麦を喰おうという話になりチョイと戻ってR391に乗り移り南下。

やってきました「摩周そば道楽」。


現役の水車。


十割蕎麦。

代替わりはしたけど相変らず旨い蕎麦。
じいちゃんばあちゃんはお元気かと尋ねれば、「元気元気。今あのビニールハウスに居るしょ。」と指し示す先には人影が二つ。
働き続けることが元気の秘訣なようですね♪

トコトコ南下。
釧路湿原で友人夫妻が営む「塘路の宿」を覗きました。
ココねワンコと泊まれる部屋あり、ワンコとのカヌーツアーもOK。

宿主は音楽家でカヌーガイド。お元気マダムは同郷の士。
宿主のガイドとお元気マダムのサポートで釧路湿原をユッタリ漂ってみませんか。

立派なガレージを建築中ですね。でもウチのは入らんかな。(^^ゞ


眼下を流れる釧路川。
宿のテラスまで上がればグンと眺望が開けます。

留守だったので電話してみると買い出しにお出掛けでした。
今朝はねココでお泊りの積りだったんですが、さっき蕎麦喰ってる時に帯広からの電話で魅力的なお誘いが・・・(^^ゞ

更に南下して新開通の釧路外環道を西へ、釧路新道を経てチョイの間R240を走り阿寒ICから道東道に入りました。


やって来ました「北の屋台」♪


お向かいには「十勝乃長屋」♪


勿論、路駐は記念写真だけ。こののち愛車は近隣某所に停泊。ジジババはタクシーで乗り込みました。(^^ゞ
誰もがご存じ日本の食を支える十勝です。十勝尽くしの旨いモノがてんこ盛り。
ご自身も狩猟に関わるという薫製屋サンでの乾杯に始まり、十勝乃長屋にも頭を突っ込みアッチふらふらコッチフラフラ。
懐かしい顔と十勝三昧のひと夜を堪能しましたよ。ヽ(^o^)丿。



 「十勝ロケット」に続く

TEL/082-876-0010 FAX/082-573-8108 ・お問い合わせ