朝から良いのか? 〜 シマリス天国 〜
 ぞっこん然別 〜 こぎつねコンコン 〜
2018年6月〜7月

然別湖の朝3時半。
天候は下り坂。これは南東の空ですが、西の空を振り向けば今にも降り出しそうな空模様。

朝食を楽しんだら天気図と雨雲レーダーをジックリ検分。
十勝管内や道東方面はこれから暫く雨模様が続きそうなので、一先ず北上してオホーツク海側に逃れることとしました。

糠平温泉で朝風呂を戴き、湯上りは淹れたての珈琲で寛ぎます。
タウシュベツ橋梁を眺め、三国峠を越え、層雲峡で銀河の滝・流星の滝を眺め上川層雲峡ICから紋別道に乗ってオホーツク方面へ。
白滝ICで途中下車。白滝では勿論黒曜石。




遠軽諸々寄り道しながら湧別まで降りて来ました。
今夜の野良寝にと五鹿山公園オートキャンプ場を覗きます。大変綺麗に整備されていますが当の管理人さんが見当たらない・・・(^^ゞ

マッ、ゴロゴロしてればそのウチ現れるでしょう。
先ずは風呂と晩飯をと道の駅チューリップの湯に来ました。

湧別チューリップの湯は旧国鉄名寄本線中湧別駅。
ホームと跨線橋が保存され時が止まったままそこに佇んでいます。


ホント駄目なジイですね。
良いお湯浴びたらどうにもこうにも我慢が出来なくなってそのまま付設のレストランで生ビールをキュ〜〜〜ヽ(^o^)丿
前回喰い逃した地物限定オホーツクフライ定食を賞味します。

誘惑に負けて一杯引っ掛けてしまったジジババ。もう運転などできる筈も無く、キャンプ場には戻れません。(^^ゞ
てな訳でノンビリ天気図チェックしてたらお外でドドンドンドン!


音がした方をみると花火でした。

いいタイミングで湧別に来たようですよ♪
こじんまりとした花火大会ではありましたが、思わぬ拾いモノにご機嫌でオヤスミ。


湧別の朝3時半
このところ雲勝ちなので夕焼け朝焼けの繰り返し。

さて、今日は何処行こう・・・♪

去年のこの時期はピーカンの猛暑続きだったんですがね。ことしは打って変わって雲勝ちな空模様。
道東道南は雨模様が続いているようで秋の実りも心配なほど。

最新の天気図と雨雲レーダーを吟味したジジババは青空を求め、さらに北上することにしました。

チョイと寄り道。
以前、グーグルアースでコムケ湖畔の国際キャンプ場を見ていて気付いたエラク立派な滑走路のようなモノ。


この辺に飛行場の登録は無いけど?と思いつつ行ってみたら、コンチネンタルタイヤのテストコースでした。(^^ゞ


海岸線を北上して道立オホーツク流氷公園


ラベンダーが咲き始めています。


寄りでもう一枚


紋別と言えばやっぱりコレ


そして紋別で飯と言えばまるとみ食堂♪


さかな屋営む食堂ですからネタはバッチリ


そのさかな屋


満腹でユラユラ北上し、ジジババお気に入りのエサヌカ線。
牧草地の中を延々直線道路が続きます。


振り返れば牛たちが草を食んでいます。


更にオホーツク沿岸をノンビリ北上、アチコチ覗きながら宗谷丘陵までやって来ました。
旧海軍望楼傍の斜面には戯れる三頭の子ぎつね♪
中でも本土最北端の地の碑に群がる人混みを興味津々?眺めている子ぎつねは大層ヤンチャな野郎でした。


レンズ越しに目が合うと「なに撮ってんの?」って表情。

やおら低く身構えると

ダッシュ!

足元で華麗なターン

ターンするときはシッポも巻くんですね。



今度は兄弟にちょっかいかけてます♪

ここはいつ来ても可愛い子ぎつねが三頭居るんです。
毎年生まれてくる子ぎつねたち、大きくなったら何処に行くの?
マッ、宗谷丘陵は広いしネズミや野ウサギなど豊富にいますから喰いモノには事欠かんのかもしれませんね。


 この旅のスタートに戻る

TEL/082-876-0010 FAX/082-573-8108 ・お問い合わせ