朝から良いのか? 〜 シマリス天国 〜
 ぞっこん然別 〜 こぎつねコンコン 〜
2018年6月〜7月

梅雨時恒例、ぶらりぶらぶらクルマ旅。
昨年は南会津から奥羽山脈に入り八幡平までトコトン北上して津軽に至り、青森港から函館へ渡り北の大地を満喫しました。
一昨年は能登に始まり縄文の交易品を追いつつそして山海の珍味を味わいつつ日本海沿いを北上して津軽に至り、津軽では刷り込みとは大違いの明るくポジティブな津軽人気質に驚かされ、琥珀を求め三陸沿岸を久慈まで南下ののち取って返して大間から北の大地へ。
ことしは色々あって敦賀から北の大地へ直行の積もり。
さてさてことしは何に出会えるでしょう。

例の如く梅雨入り宣言途端の好天にウキウキ走り出します。

山陽道をひた走り一部開通した新名神に入り新設の宝塚SA。
上り車線側の駐車場はガラガラだったのですが、流石いま話題のサービスエリア、エライ人混みに閉口し早々に退出。

名神をひた走り、久々の大津SAで昼食とします。

良く空いていました。
この頃増えましたね。景色が見渡せる窓向きのカウンター席♪
ジジババも琵琶湖を眺め景色と食事を楽しみました。

頻発する事故渋滞なども無く順調に走り彦根ICマデ2キロ。
ココまで来ればいつもスカスカの北陸道にR8・R161の三本立てと余裕のヨッちゃん♪
てな按配で彦根城。二の丸駐車場にクルマを停め置きます。


城内をテクテク


強い日差しの下をウロウロしたんで芯から暑い。
少しばかり冷たいお茶を飲んだくらいでは冷えません。
カキ氷でからだの中からシッカリ冷やそうとお話になりました。
お城で貰ったパンフに「キャッスルロード」とあります。行ってみましょう。


お望みどおりのカキ氷にありつき、シッカリ冷やして爽快爽快♪
表に出たらベロタクが汗だくで走ってました。


もう高速には戻らず湖岸道路をユラユラ走って長浜の街へ。
ココにはずっと来たかった「ヤンマーミュージアム」があるんです。
楽しくて楽しくてジイさん写真撮り忘れました。(^^ゞ

やって来ました敦賀の港。日も暮れたフェリー埠頭でチェックイン。


クルマでゴロゴロしていると車両配置の都合だとかで早々に呼ばれ、車椅子ご利用の車両と一緒にガラ〜ンとした甲板に案内されました。


お蔭で早々と船内に。ビール買って船室に入ります♪

ジジババ乾杯して、ご機嫌でオヤスミ・・・

朝ァ〜。
ユルリと覗いた船内レストランはガランとしています。

ジジババもベーコンエッグでサクッと♪

このフネになってからBSアンテナ装備で朝の連ドラもバッチリ。
フルート&ピアノデュオもあったりなんかしてのんびりキブン♪
のんびりしてたらアッと云う間に昼飯の時間なんだな。

今回は企画モノのジジババパックなのでグリルランチがついてます。

握り六貫にイクラ・鰻・雲丹のミニミニ丼三杯。コレにビール♪
ジジババにはチョッと多い位の量でしたよ。

部屋に戻ってお昼寝。目覚めると津軽海峡♪
竜飛岬を見あげ向こうに下北、左に亀田半島を眺めます。
何だかんだで夕食を済ませひと風呂浴びたらフネは苫小牧東港。


先ずは日高道に乗り苫小牧方面に向かいます。
沼ノ端東で降りて側道を直進。R234をやり過ごしR36で左。今回初セイコマ(先般、社名がセコマに替わりましたが、そのセコマという響きに納得しない道産子の友人に同調し、当サイトではセイコマで通します。m(_ _)m)に立ち寄り野菜と水の補給。
R36をチョイと北上、「道の駅ウトナイ湖」でオヤスミ・・・♪


朝ァ〜


朝霧に包まれたウトナイ湖を覗きます。


先客が水草をムシャムシャ。


ウトナイ湖を後にして朝飯喰いに来たらコンな先客が・・・♪

相当丁寧な錆びとりや整形が施されていて素晴らしい仕上がりが期待できそうですよ。

そして卸売り市場の中のマルトマ食堂。
所謂名物店なんでね。有名無名の色紙や写真でイッパイです。


来た来たマルトマ丼♪

朝5時からコンなの喰ってて良いのか・・・?

さてさてドッチ行こう。
作戦会議の結果、当初の目論見通り襟裳岬方面へ。

ユラユラ走って新冠泥火山前のサラブレッド銀座駐車公園まで来ました。

手前の原2オフローダーを積み込んだ白いサンバー・・・
一瞬、空似か?とも思いましたが正真正銘2014年の夏、美瑛町新栄の丘で出会った福岡の方でしたよ。
2018年6月末新冠泥火山前にて
↑2018年6月末、新冠町泥火山前にて(正面が泥火山デス)
↓2014年7月半ば、美瑛町新栄の丘にて
2014年7月半ば美瑛新栄の丘にて
この方も北の大地に病み付きのようです。(^^ゞ

山手に入って優駿記念館。
残念ながら改装中で、ポニーがノンビリ寝そべっていました。


隣の谷に移り何度も通った二十間道路の桜並木でパチリ

見事な桜並木。いずれ花見の時期に来ようと心に決めていますよ♪

静内温泉までやって来ました。
広いロビーに川状の池が切られ大きな鯉が泳ぐとってもレトロな雰囲気だった静内温泉は耐震性の問題アリというコトで閉鎖されていましたが、目出度くピカピカの新築で再開となりました。



 「シマリス天国」に続く

TEL/082-876-0010 FAX/082-573-8108 ・お問い合わせ