2016年6〜7月 北陸〜東北〜北海道紀行
『天気晴朗なれど・・・』 〜 『人生の楽園』 〜 『縄文の薫り』 〜
『一人占めのあさ』 〜 『弘前のよる』 〜 『あまちゃんデビュー』
 〜
『夜景に乾杯』 〜 『酒も肴も松前屋』 〜 『命預けます』 〜
『石器できたぞぉ〜』 〜 『ガレ場の天使』 〜 『旧車三昧』


楽しみにしていた『三沢航空科学館』にやってきました。


こんなのが迎えて呉れ


こんなのが、ぶら下がっていたりして、


YS11のコックピットにも入れます。


一番見たかったのはコレ。
『旧日本陸軍一式双発高等練習機
つい先年、十和田湖底に沈んでいた機体が引き揚げられたものです。


その際の報道を見て、公開されたら会いに行くぞと心に決めていました。

自身の戦争体験には口が重い親爺でしたが、何故かこの双発高等練習機と百式司偵のことを何度も話して呉れました。
何れもとても安定した機材だったとのことで、とりわけこの練習機には随分な愛着を語っていましたね。
四方八方から写真を撮って特設コーナーにお別れします。

しかしマァ広い広い。

堅い床を歩き回って疲れましたが満足満足♪
その後も終日下北半島をアッチうろうろコッチうろうろ。


今日は朝一のフネに乗ろうと大間の港までやってきました。
何と何と能登の白米千枚田でお会いした奄美のご夫婦とバッタリ♪


不思議ですね。
示し合わせた訳でもないのに出合うんですよね。何故か・・・

呉々も疲れをお溜めならないようにと、人生の先輩に野良寝旅の先輩から幾つかアドバイスさせて戴きました。(^^ゞ

朝一のフェリーで函館に降り立ちます。
朝市に直行。向こうに見えるのは旧青函連絡船桟橋に摩周丸。


すっかり有名なった朝二市場名物『元祖イカ釣り体験』
9年振りの再訪です。
とりわけ元気で大きい奴を狙ったら、猛烈に潮を吐きやがりました。


周りの観光客の皆さん根こそぎトバッチリ・・・(^^ゞ


デカいでしょ♪


しかしマァ、辺り一帯大迷惑。この後ろ側でやってたTVロケにもトバッチリ喰わせてしまったようですよ。ヽ(^o^)丿


釣り上げたイカは直ぐにさばいて呉れます。


喰い始めたら、カミサンすたすたと何処かへ。
戻ってきたらコンナの掴んでました。イカ一杯じゃ足らなかったようです。

このイカ釣り体験。スッカリ有名になって図に乗っているのか、押し寄せる中国人客に辟易したものか、客あしらいが随分雑になりましたね。
刺身の出来栄えもお粗末なモンです。
そんなモンなのかな。

その後も市場の中をアッチうろうろコッチうろうろ♪
カミサン、さっきイカやつぶ貝喰ったばかりなのに、どんぶり横丁で引っ掛かってしまいました。
ほんでもってどんぶりだけかと思いきや函館塩ラーメンまで。

いやはや今日も高カロリーな一日になりそうです。
朝市にいると際限なく喰い続ける事になるので、そろそろ離れましょう。

先ずはヤッパリ定番の八幡坂。
野良寝車は下の方に停め、テクテク歩いて登ります。
新幹線効果でしょうか?坂の頂上はとんでもない人だかりでした。

いつものアングルでパチリ。 (↑オンマウスで拡大)

大好きな景色。チャチャ登り。


海の見える喫茶店までやってきました。
ここは旧函館検疫所の建物を利用していて函館港全域が見渡せます。
ここで陽光に輝く景色とお茶を楽しみましょう。


クラブレースでしょうか、クルーザーが数艇どれもこれもブローチングを繰り返しながらマリーナ方向に帆走っていきます。


表に掲げてあった看板そのものだだそうですよ。


店の裏側の窓からから愛車が見えたのでパチリ。


もういい時間になって来たので大好きなお湯を浴びましょう。
お馴染み函館山南麓『市営谷地頭温泉』。
アララ、谷地頭温泉の前の『市営』の文字が剥ぎ取られていますね。
そうですか、ココも民営化の波に洗われましたか・・・


函館を代表する庶民派グルメの双雄並び立つ一角に来ました。
左やきとり弁当のハセスト。右には函館バーガーのラッピ。ヽ(^o^)丿
今夜は夜景の見えるレストラン♪と話は纏まっているのに、カミサンは何故かラッキーピエロ。
ディナーまでのツナギだそうです・・・

マァ、函館に来てラッピもハセストも寄らないなんて有り得ませんよネ。


お楽しみ、夜景の名所函館山に登って来ました。
先ずは展望台からパチリ。


レストラン前は空席待ちの行列でタイヘン!
ココは夜景と食事が楽しめる超人気店なんでね、予約は必須ですぞ。

良い席がとれていました。先ずはビールで乾杯。ヽ(^o^)丿
バアバはカクテルなどお召し上がりになられ、ジイジはハイボールだったり再びビールだったりとゆっくり楽しませて貰います。
デザートタイムには、お店の方が『一枚お撮りしましょうか?』だって。
ココは大繁盛にも驕らずサービス満点♪
しかしマァこの服装はどうでしょう。七月なのにフリースです。(^^ゞ


『酒も肴も松前屋』に続く
TEL/082-876-0010 FAX/082-573-8108 ・お問い合わせ