2016年6〜7月 北陸〜東北〜北海道紀行
『天気晴朗なれど・・・』 〜 『人生の楽園』 〜 『縄文の薫り』 〜
『一人占めのあさ』 〜 『弘前のよる』 〜 
『あまちゃんデビュー』 〜
『夜景に乾杯』 〜 『肴は松前屋』 〜 『命預けます』 〜
『石器できたぞぉ〜』 〜 『ガレ場の天使』 〜 『旧車三昧』

やってきました『三内丸山遺跡』。
先ずはミュージアムでこの遺跡をしっかりお勉強しましょう。


あるある、富山〜新潟産の翡翠


何を語りかけているんでしょう。


これはオホーツク白滝に展示されていた黒曜石の矢じりそっくり。
ことしはジイジも矢じり作りにチャレンジするぞと意気込みます。


ここ三内丸山から発掘された交易品の産地一覧。
とても広い範囲で交易が行なわれていたようですね・・・

翡翠の産地は押さえた。八郎潟周辺で天然アスファルトも見てきた♪
黒曜石の白滝と石斧素材の旭川神居コタンや日高額平川流域は訪問ずみだから未訪は琥珀の久慈だな。ヨシヨシ。
ジジババ縄文時代にワープして交易品の産地訪問に歩いていまス。(^^ゞ



未だ未だ発掘中なんですね。


作業中のみなさんに『撮っても良いですか?』と呼びかけると、お兄さんは素直に『ハイ』。
お姉さんは『チョッと待ってよぉ〜、セットさして来るからぁ〜。』だって。
津軽男子は朴訥、ご婦人は洒落が効いてますねぇ。ヽ(^o^)丿


吉野ヶ里も広かったけど、ココも広い広い。
縄文の人たちもたいへん強力な組織力を持っていたんですね。

この大きな建物の中に囲炉裏の痕跡が一つだけだったことなどから生活の場ではなく集会などに使われていたものと考察されているようですよ。

ジジババお勉強に疲れて遺跡をお暇します。


今日はジイジ待望のここにやってきました♪ (オンマウスで拡大)


とっても濃厚で良いお湯。
ヒバ千人風呂も素晴らしい風情♪
驚いたのは外国の方(欧米系)の多さ。みなさんニコニコ、目が合うと『スカユイイオユデシタ』だって。
それにつけてもタオルが臭い、からだも臭い、クルマの中が・・・

やってきました『奥入瀬渓流』。
おバカは酸ヶ湯の濃厚な薫りを撒き散らしながら、清涼この上ない奥入瀬の渓流を楽しみます。








奥入瀬渓流で心を洗われたジジババ。
身体には相変らず酸ヶ湯の薫りを纏ったままユラユラ進みます。
十和田湖に出てきました。何だか寂れていますね。
五戸経由で八戸に降りることにしましょう。

ノンビリ走って八戸の街に出て来ました。
コインランドリーに洗濯物放り込み近くに見つけたトンカツ屋に入ります。
先日全焼した蕪島神社の近隣、海抜45mでオヤスミ。


種差海岸の朝
カッコウ〜カッコウ〜という声が聞こえていたので近寄ってみると岩の上にホシガラスのような鳥。コイツが啼いてたのか?
コイツはカッコウとは啼かないよね・・・ (オンマウスで拡大)


散策から戻ると何やら若いご婦人方が三々五々集まってきます。


何事かと思っていたら、朝ヨガの会でした。


やって来ました『琥珀王国久慈』。
言わずと知れた『三陸鉄道久慈駅』の前でパチリ。


連ドラで観光協会が入居していた『駅前デパート』は実在でした。


琥珀を手に入れようと道の駅。


小片ですが久慈産の琥珀を手に入れたジジババは、折角久慈まで来たんだから連ドラのロケ地を巡ってみようと走り出します。


一部は工事中でしたが綺麗に整備された道を通り小袖海岸に到着。
連ドラ効果でしょうか。随分立派な海女センターが建っていました。


クルマを停めると左のお嬢さんが小走りで寄ってきて『キャンピングカーで広島からですか?今日は新人アマちゃんのデビューなんですよ。ご存知でしたか?』と元気溌剌問いかけます。

でもね、ジジババ久慈に来たのは琥珀が目当て。
小袖にはホンの気紛れで入り込んだだけだもの、知らんよね。

お嬢さん畳み掛けるように『それでですね実演の後、インタビューさせて貰っても良いですか?』だって。
シゴトに燃えるキラキラした眼に、爺さんデレデレで即答。『ウンウン♪』。

『道路の開通をご存じだったんですか?』とも聞きます。
爺さん『ハァ〜?』。
今しがた安楽に走って来た海岸沿いの綺麗な道は、この冬の高波でヤラレて閉鎖され、今週開通したばかりとのこと。
迂回路だった陸中野田からの山越えはウチのクルマにゃ厳しいらしい。
アレもコレもナイスタイミングで何とラッキィ♪

ソンなコンなで一人500円也の見学券買い求め開演を待ちます。


さてさて、肝心の新人アマちゃんデビューはと云うと、マァマァこんなモンかどう謂うモンか、中々潜れず、潜っても届かず・・・


もっと練習する時間は無かったんか!など愚痴の一つも出ようかという頃、ベテラン勢も心得たモンで新人ちゃんを秘密の花園に誘導します。
とうとうTVカメラの居ないところで・・・(^^ゞ


・・・


撮ったどぉ〜 イヤイヤ、 獲ったどぉ〜 だったね。
イジワル爺さん本領発揮です。

でもねインタビューでもお話ししましたが、新人アマちゃん何とも健気でね、可愛かったですよ。
地域おこし協力隊として遥々千葉から来られた由。
旨く馴染んでこの小袖の集落に定着して呉れると良いですね。

ココも見憶えがある坂道。ドラマではこの辺に漁協が建っていました。

いやぁ、来てヨカッたな連ドラロケ地。
何とも面白可笑しいイベントに出喰わした。
生きたウニも喰ったし、連ドラで何度もネタにされていた甘いのか塩っぱいのか訳が判らん食べもの『マメブ』も喰って満足満足。ヽ(^o^)丿


後日談:店には『TV見たよ〜』と顧客から電話があったそうです。
やれやれ、遥か遠く広島辺りにまで流れるとも知らないジジババは思いっきり阿保ズラ晒してしまいました。(^^ゞ
『夜景に乾杯!』に続く
TEL/082-876-0010 FAX/082-573-8108 ・お問い合わせ