2016年6〜7月 北陸〜東北〜北海道紀行
『天気晴朗なれど・・・』 〜 『人生の楽園』 〜 『縄文の薫り』 〜
『一人占めのあさ』 〜 『弘前のよる』 〜 『あまちゃんデビュー』 〜
『夜景に乾杯』 〜 『酒も肴も松前屋』 〜 『命預けます』 〜
『石器できたぞぉ〜』 〜 『ガレ場の天使』 〜 『旧車三昧』


2016年梅雨本番。今年は良く降りますね。
とか何とか言いながらもちろん今年も梅雨休み〜〜〜♪
チョッと長めの休みを戴いて、横たわる梅雨前線の向こうを目指します。


例年ならば敦賀や大洗から長距離フェリーに下駄預け、ノラリクラリと喰っちゃ寝てばかりの横着道中なのですが、上越だったり翡翠海岸だったりと行きたい所が色々溜まって来たので久々にアッチ寄りコッチ寄り陸路北上することとしました。

店を覗いて高速に乗り入れ先ずは下り方面。
ワタシね、とても交通量が少ない中国道がお気に入りなんです。
広島JCTで広島道に乗り移り、広島北JCTで中国道に入り、千代田JCTで浜田道が分岐すると交通量はグンと減り、オートクルーズ任せの定速運転に入ります。
三次JCTで松江道と分岐すれば更に交通量が少なくなり、追い越すことも追い越されることも無いままにマイペースで中国山地を走り抜け、吉川JCTから舞鶴若狭道へ。
走ることしばし、舞鶴を通過すると若狭路です。
若狭路の開通で、乱暴運転の京阪神をパスできるようになりました♪
いつもならフネに乗り込む敦賀で北陸道に乗り移り北上します。

そんなこんなで快調に流し、2011年にも休憩した徳光PA。


ここはね、すぐ傍に『松任海浜温泉』。タオル片手にぶらぶら。

夕食もココでいただきます♪
ホントはねキュッと行きたいトコロだけど、何さまココは海浜公園なんだな。
こんなロケーションでは到底安眠儘ならず、ビールはグッと我慢。
ひとっ走り金沢近郊『サンセットパーク内灘』海抜40mへ。


『サンセットパーク内灘』の朝。

気持ちの良い景色でした。
でもココはココで冬場は風にヤラレそうですね。
この画像背面に医大病院があるだけで、三方吹きっ曝し。
夕べは普通車の車中泊が多かったモノのキャンパーはゼロでした。

さてさて、今日のお楽しみ一号は千里浜ドライブウエイ。
砂地なのにバスまで走れる砂浜なのだ。
の、積りだったんですが、強風高波で通行禁止になっていました。

この頃浜が痩せてしまって直ぐに通行止めになるそうですよ。

土産物屋の親爺が『スマンな』って風に会釈していきました。
旧い記憶によれば幅はこの四〜五倍はあろうかという砂浜で、乗用車はおろか大型バスまでガンガン行き交う光景でしたが・・・

治水や砂防などダムの整備が進めば山からの新たな砂の供給が減る訳でして浜が痩せたのはその反作用なのでしょうか。


仕方ない。能登行きますか。
のと里山海道を走ります。良い道が出来ているんですね。
この高規格道路が能登半島深部珠洲方面まで伸びているようですが、ワレワレは空港手前で輪島方面に転針しました。

四十年振りの輪島朝市。

何だか人が少ないような気もしないではありませんが・・・?

記憶の中の『天窓から朝日と朝市の喧騒が差し込む情景』を探し朝市通りを縦断します。

見つかりました銭湯の天窓。名は白山湯。昔々その昔ここで極上の朝湯を戴きました。

もう少し朝市をブラブラ。


孫たちへの土産に輪島塗の箸。其々に名を入れて貰います。
『漆が乾くまで2週間ほどは触らないで下さいね。』と言われ、『そんな直ぐには帰らんよ。』と答えると『良いなぁ〜』だって♪


白米千枚田。

着いてみてビックリ。大きな駐車場と道の駅が出来ていました。
それにしても風が強い。野焼きの煙が棚田を這うように昇っています。

この棚田でこさえた旨い米を食していると↓コンな方たちも♪

リタイヤ記念だそうです。気合が入っていますね。
良い景色と旨いコメを美味しくいただいて旅路に戻ります。

天気晴朗なれど波高し。


観光?塩田。


やってきました禄剛埼。


海岸を伝い珠洲の見附島。俗称『軍艦島』だそうですよ。


更に海岸線を伝い和倉温泉まで出てきました。
大層立派に建て替えられた『総湯』で極上のいで湯を戴きます。

帰り際、駐車場から出てきたところで記念写真をパチリ♪

夕食は能登の魚を喰おうと七尾の食彩市場。


残念・・・
鮨屋はシャリが尽きたとかで早仕舞してました。


教えて貰った駅前の鮨屋に向かいます。駐車場もバッチリ!


その名も『のと前、地モノ尽くし十貫盛り』。いただきま〜す。ヽ(^o^)丿

キュッっといきたいけど駐車場がね、朝十時まで出して呉れないんだって。
『そりゃぁ朝じゃない、昼だろ!』なんて言ったってダメなものはダメ。
てな按配でアルコールは泣く泣く諦めます。

さて、今夜の野良寝。
色々調べるも、この辺りの道の駅等々は何処も海岸沿いでイマイチ・・・
明日の旅程も考慮して北陸道に乗り『有磯海SA』に滑り込みました。

ココは安心の海抜56m。富山湾を西に望む夕景も中々ですよ。
枕を高くしてオヤスミ・・・


『人生の楽園』に続く
TEL/082-876-0010 FAX/082-573-8108 ・お問い合わせ