雪渓かな雪渓かな 〜 いがめんち万歳
 〜 
利尻がでたぞぉ〜 〜 アザラシごろごろ
 〜 
砂金掘ったぞぉ〜 〜 灼熱のシリエトク
〜 何のご褒美? 〜 ホントに青い池♪
2017年6月〜7月

層雲峡までやってきました。
入口の立体駐車場は白華現象対策工事とやらで立体部分が閉鎖されていて、バス用スペースが一般用に開放されていましたよ。
うん?バスは一体何処へ?
そしてお風呂。以前は高級ホテルの立ち寄り湯なども利用してみましたが、この頃は日帰り専門の黒岳の湯一本槍です。

飽きもせず銀河の滝を見て、大函を覗き大雪国道から上川国道へ。

そして三国峠。
良い風が吹き抜けるカフェテラスで珈琲を飲みましょう。


カミサンこってりしたモノ喰ってます・・・


眼下にはダイナミックな景色が広がります。


良い曲線ですねぇ〜。バイク雑誌の定番アングルでパチリ。


旧国鉄士幌線跡。吸い込まれそうです・・・


旧国鉄士幌線タウシュベツ川橋梁。


以前は向こう岸の林道を自由に通行できたので、ジジババもクルマで近くまで乗り付け、土に還りつつある橋梁をナデナデしました。
その頃も、道中には『クマに注意』『スピード落とせ』などの看板はありましたが、何か深刻な事故があったものかマナーの問題か、件の林道はロックアウト。
事前に営林署の許可を取得するか認可済みの有料ツアーに参加しなければ近付くことが難しくなりました。
でもね、この展望台からの方が見栄えは良いかも・・・



今夜は涼しい筈の然別湖を目指します。
ところが、糠平温泉から道道に入るとスキー場下でシャットアウト。
昨年の台風被災から復旧していないようです。
麓の士幌まで駆け降りて鹿追から再び山道を登ると言う、大方五倍の遠回りになりました。
迂回の道すがらには『道の駅うりまく』もあり、今日はもうココらで済ますかと日和る気持ちも無くはありませんでしたが、初志貫徹と登り切ります。

夕暮れの然別湖畔。ラッキィ〜、来てヨカッタ。ヽ(^o^)丿
山と湖面が綺麗なクチビルを描いていますぞ♪

肩の満月も良いアクセントだな。

更なるラッキィ。湖畔でピアノ演奏が始まるようです。ヽ(^o^)丿

夕涼みのミニイベントだそうでして、ジジババ飲み物やおつまみ買い求め、デッキで寛いでいると演奏が始まりました。

奏者のお話ではシカリフェスという名なんだとか・・・♪
動画はこちら(然別湖ネイチャーセンターFBサイト

折しも満月。月明かりに輝く湖面に穏やかな楽曲が拡がります。
幻想的なコトこのうえない。本当に素晴らしい夜。
一体何のご褒美だったんでしょう。ヽ(^o^)丿
ジジババご機嫌でオヤスミ・・・


然別の朝はガレ場!

えっちらホッチラ登って来ました。

去年はこんなの撮れました。ことしはどんな様子でしょう。


アチコチから聞こえるチチとかチィ〜とか云う声に耳を凝らしながら待つことしばし、唐突にガレ場の天使登場です♪


糞もパチリ。(^^ゞ


仔ウサギもご登場。ヽ(^o^)丿
ことし生まれで未だ冬毛になったことがないんだそう。


チィ〜とひと声あげてガレ場に飛び込んで行きました。


幼獣だと教えて下さったのは隣町清水在住の本田さん
なんとナキウサギをテーマに執筆中の絵本作家さんだそうです。
乙な出会い。旅の醍醐味ですね。

ご機嫌で下っていると頭の上でカラララララララと軽やかな音色。
見あげるとアカゲラが枯れ枝でドラミングしてました。



大好きな狩勝峠に上がって来ました。


ココからは雄大な十勝平原を見渡せます。
はて、新八景ってほかの七景は何処じゃろか?
気になって調べてみたら90年前選定の”新八景”でした。(^^ゞ



南富良野町落合まで降りてきました。ここには『たるきぃとな』
いつも早過ぎる時間にばかり通り掛かります。
去年も早朝に通過しました。
その翌月、台風で敷地入口の橋を流され孤立したと知り心配していましたが、たるきぃとなの方々には被害も無く橋も再建され復活していることはFBで確認済み。

今日もチョッと早目の時間なのですが、どうでしょう?
おっかなビックリで再建された橋を渡ります。


うんうん建物にも被災は全くないようですね。


お店を覗いてみると、ご主人まだ朝食中でした。(^^ゞ
名を名乗り被災のお見舞いを申し上げると何年か前のやり取りも憶えて戴いていて話が弾みます。
幾寅駅付近での仮営業も市街地の飲食店が浸水被害で全滅に近かったことで炊き出しのようなもんだったようですよ。

ところで、カミサン喰ってるのはナンサンド。旨そ〜う♪
かなりのボリュームです。


ラフティングのご一行が川から上がって来ました。
たるきぃとなでのティブレイクがお楽しみのひとつなようですね。
そろそろお暇しましょうか。


ユラユラと中富良野まで。
渋滞の列を眺めにファーム富田に行ってみましょう。


隣のキャンパーは沼津ナンバーのレンタカー。
降りてきたのは中国と思しきご一家。
夫婦に子どもたちにおバアちゃんの5人編成。
ご主人と目が合ったので微笑みかけると、『コニチハ』。
子どもたちも『コニチハ』。あら、中々良い感じのご一家ですよ。

でもチョッと心配。日本で有効な運転免許持ってるのかね?

ラベンダーは七分咲きかな。


猛烈な数の観光客が居ます。
感覚的にはそのウチ七〜八割が中国・台湾・韓国の方々ですね。
一杯お金落として行って頂戴ね。(^^ゞ


上富良野町ジェットコースターの道。
この近所に顧客が居られるのですが、お仕事中なのでまた後で。


そのまま左手を見れば十勝岳連山に噴煙。
手前の丘の上にはおよそこの景色に場違いな観覧車とココならではの『上富良野八景』を楽します。


十勝岳吹上温泉白銀荘で一日の汗を流しました。
今夜はここで駐車場泊500円!の積りだったのにキャンピングカー2台の間でテーブル広げ宴会が始まる様子を見て逃げ出します。

十勝岳の噴煙を見あげる望岳台にきました。
火口からの谷筋に広がる扇状地って火砕流の典型ですよね?

何とも恐ろしい地形ですが、十勝岳はこの2月に噴火警戒レベルが”1”平常に戻っていますからマァ良いでしょう。

富良野盆地の夏は暑くて大変。でもここなら涼しいのさ♪


きょうも良い夕陽を拝ませて貰いました。ヽ(^o^)丿

オヤスミ・・・


ホントに青い池♪に続く

TEL/082-876-0010 FAX/082-573-8108 ・お問い合わせ