雪渓かな雪渓かな 〜 いがめんち万歳
 〜 
利尻がでたぞぉ〜 〜 アザラシごろごろ
 〜 砂金掘ったぞぉ〜 〜 灼熱のシリエトク
〜 何のご褒美? 〜 ホントに青い池♪
2017年6月〜7月

函館の朝ァ〜
朝食を楽しんだら辺りを散策します。
南北海道外洋帆走協会のポンツーンまで足を延ばしました。


そしてお約束の八幡坂。西高は意気盛んですね。


摩周丸がガスに霞んでいます。


車庫の電車たちがとってもカラフル♪ 信号待ちでパチリ。



ことしもやって来ました『函館市縄文文化センター』


勿論コイツに逢いに♪


ことしは体験コースも。
カミサン土偶の顔部分。ジイジは勾玉ペンダント。



手作業が大の得意で見本を見ながらガリガリ削りチャッチャと磨き終えたジイジは学芸員さんのお勧め土器復元パズルで遊びます。

コレもサクサクと組みあがってしまいますが面白かった。ヽ(^o^)丿
ありゃ、小片が残ってますネ。(^^ゞ

縄文文化センターで面白いポスターをみつけました。
中空土偶の地元南茅部の飲食店では食事と大船温泉南かやべ保養センターの入浴券がセットになったメニューを用意しているのだそう。
これは地元の方々からの熱烈なお誘いですよね?
ジジババ、もちろん乗っかります♪

選んだのは『優鮨』。
ジジババ、カウンターに陣取ります。
いかつい顔してますがなんとも楽しい親爺でした。
別メニューで刺身を頼むと朝獲れのイカやウニなどドンドン。
中空土偶のことも色々と話して呉れます。頭の穴は発見者のお子さんが放り投げて角のような飾り物が取れたんだとか
その飾り物はお子さんが釣りの重りに使っていて海の藻屑だとか。
興味深い裏話を聞かせて呉れましたよ。

乗ってヨカッタ地域メニュー。
楽しい会話と美味しい刺身を満喫して温泉温泉♪
大船温泉南かやべ保養センターです。

大浴槽と露天風呂が別々の源泉なようでお得な感じ♪

海岸線を伝い、鹿部へ。
鹿部間歇泉公園が『道の駅しかべ温泉間歇泉センター』に化粧替えし、大繁盛していました。
九州でお馴染みの噴気による蒸し釜料理が一押しでしたよ。


今日はお宿をとりました。
蝦夷駒ヶ岳の裾を大沼に向かいます。
大沼プリンスはどの部屋も正面に蝦夷駒ケ岳♪
ところが正面は確かに正面なんだけど、樹木が育ちすぎて邪魔!
でもマッ良いか♪

虫除けをしっかり塗りたくって原生林を散策します。
歩き疲れてグッスリおやすみ♪


旅日記はイキナリ道北へと飛びます。m(_ _)m
オロロン街道まで出てきました。留萌の街でウロウロ・・・

今夜は小平望洋台キャンプ場でお世話になりましょう。
ここね、天売・焼尻島を見渡し利尻を望む高台でロケーション抜群。
勿論、『車中泊でヨロシクね♪』とお願いします。
フリーサイト1000円に入村料一人200円の締めて1400円。
たったこれだけで生ゴミ燃えるゴミに燃えないゴミやカセットトイレの始末もOK、オマケに『ゆったり館』の入浴割引券まで貰えます。


ゆったり館で汗を流してキャンプ場に戻ると空が燃えています。

鳥肌物の夕焼け空。
ふと気づくと、自転車旅行の兄ちゃんが横でウルウルしていました。
能天気なジジババは自分達へのご褒美と思い込みルンルン。
ご機嫌でオヤスミ・・・


小平望洋台の朝ァ〜
何と言うコトでしょう。(^^ゞ 朝焼けの空に虹まで出ています。

恐るべし望洋台。
ゆうべ夕焼けにウルウルしていた自転車旅行の兄ちゃん起こしてやると、イモムシテントから首を出したところでフリーズ。
ポカンと見あげていました。

お天道さまのご褒美にルンルン。ジジババ足取り軽く駆けだします。
体育館の様に大きい旧花田家鰊番屋までやってきました。

旧花田家鰊番屋は9年前に訪れたときの些か草臥れた様子とは異なり、手入れを受け往年の威容を取り戻しています。
そしてその隣にホボ同じ大きさの良く似た外観で立派な『道の駅おびら鰊番屋』を新たに建てていました。
ヨカッタヨカッタ。儲かったんだネ。ヽ(^o^)丿

ココで会った韓国のモーターサイクリスト。
正月に呼子で出会ったモーターホームは韓国のナンバーだけでしたが、このバイク野郎は国際ナンバーを取得し、その隅に自賠責のステッカーも貼っています。

福岡に揚がって以来、四国以外の方々を走って来たそうで、津々浦々にある道の駅を絶賛していました。
どこに行っても親切にして貰っていると喜んでいましたよ。
帰ったらチャンと広めろよと言って記念にパチリ♪

オトンルイ風力発電所。
9年前と同じサロベツ原野駐車公園にクルマを停めてパチリ。


反対側もパチリ。利尻は頂きが雲に隠れていますね。


オロロン街道を楽しみながらユラユラぶらぶら北上します。
いつしか垂れこめる雲を追い越した!
利尻がでたぞぉ〜。ヽ(^o^)丿


見事なシンメトリーを見せる利尻と愛車の2ショットを道路向かいから撮ってたら、カァ〜〜〜ンという爆音が近づいてきます。
そしてファインダの中を赤い塊が横切ると同時に爆音がワァオ〜〜と腹に響く轟音に替わりました。

レンズで追ってみると横浜ナンバーのフェラーリ。(オンマウスで拡大)
真っ赤なフェラーリで北の大地を疾走とはまたお洒落なコト♪
でもチョッと怖かったな。

『コウホネの家』ココは沼越しに利尻が拝める絶好ポイント♪


稚内お約束の稚内港北防波堤ドーム。


そうそう最果ての線路なんですよね。

建て替えられスッカリ綺麗になった稚内駅。
綺麗は良いけどありきたりすぎて何処だかわからんぞ。

アンマリ天気が良いので急坂をよじ登って『氷雪の門』。
ここで同年輩のご夫婦に「広島?広島!」って声を掛けられました。

広島から団体ツアーだそうで、ご夫婦で「いつから?イイネェ〜、いつまで??イイネェ〜」と仰って居られましたよ。

氷雪の門から北防波堤ドームを見下ろします。


ここで礼文利尻航路のフネを目にすると、カミサン「久しぶりに礼文の花を見よう。」など言い始めフェリー乗り場に。


乗船待ちの列に並びます。結構多いな。


船窓からみる斯くも美しき利尻の姿。

あぁ〜有り難や有り難や。(^^ゞ


アザラシごろごろに続く

TEL/082-876-0010 FAX/082-573-8108 ・お問い合わせ